ヒアロディープパッチの副作用はある?配合成分から危険性を調査

ヒアロディープパッチ 未分類

ヒアロディープパッチの副作用や安全性に気になっている方へ配合されている成分を細かく調査してご紹介していきます。

過去に化粧品を使ってアレルギー反応が出た方はぜひこの記事をご覧になってから購入を検討してみてください。

基本的にヒアロディープパッチの副作用の心配はありませんがごくまれに肌が荒れたりアレルギー症状の出る方がいらっしゃるみたいです。

ヒアロディープパッチの副作用について

ヒアロディープパッチの副作用として心配される点は、

  • シートを貼ると肌がチクチクする
  • アレルギー反応が心配

という点です。

シートを貼ると肌がチクチクする

口コミにありましたがシートを貼ると肌がチクチクと感じることがあるみたいですが、これはシートが細かい美容成分のトゲになっていて、肌に浸透するときに生じるものです。

しかしこれは美容成分のニードルが数10分で体温で溶けるので、すぐにチクチクする感覚はなくなるので心配はしなくて大丈夫です。

アレルギー反応は大丈夫?

ヒアロディープパッチはパッチテストの試験も実施されていてそれをクリアしているので副作用のリスクはあまりないでしょう。

しかしまれに次のようなアレルギー反応を起こす人がいるみたいです。

  • 肌が赤くなった
  • ほっぺのあたりに湿疹ができた
  • 赤い吹き出物ができた

湿疹ができたり腹が炎症を起こしたりした場合は使用を控えたほうがいいです。

そもそもヒアロディープパッチの影響というよりは体調によって肌のコンディションが悪くなっている人もいたので、ご自身の体調に合わせて使用頻度を変えてみるのも良いでしょう。

ヒアロディープパッチの配合成分

ヒアロディープパッチの配合されている成分は次になります。

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

ヒアルロン酸Na

水分を多く含んでいる成分。肌の弾力を作るのに欠かせない

加水分解コラーゲン

乾燥対策としてよく使われる成分で皮膚に保湿を与える。

プラセンタエキス

肌のキメを整えて保湿効果も持つ。肌も明るくする

グリセリン

保湿機能を持つ成分

アデノシン

血流を良くする効果を持つ成分

ユビキノン

保湿効果を持つ成分、医薬品の成分

パルミチン酸レチノール

肌のターンオーバーを活性化する成分でシワやくすみへの効果がある

コーン油

抗酸化作用がある油を酸化させないためのもの

マンニトール

マンナノキから抽出されるエキスで保湿の効果がある

トコフェロール

肌のバリア機能を改善する効果を持つ

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

肌の保湿効果と肌に弾力を与える美容成分

フェノキシエタノール

エタノールと言われてるがこちらはアルコールフリーに該当するのでアレギーの人でも安心して使える成分

防腐効果水添レシチン

美容効果を促進する

コレステロール

肌質を改善して肌のバリア機能を改善する

キサンタンガム

微生物から生成されるもので増粘剤として使われる

ココイルサルコシンNa

洗浄効果を持つ成分

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

肌に保湿とハリや弾力を与える成分

まとめ

ヒアロディープパッチは副作用になるような成分はありませんが、まれにアレルギー反応がでる方がいるみたいなので、心配の方はパッチテストも兼ねて一回だけ試してみるのもお勧めします。

もし肌に合わなければ全額返金保証もあるので是非気楽に試してみてください。

またヒアロディープパッチの効果についても別記事で解説しています 。

未分類
ヒアロディープパッチは効果がある?使ってみた感想と感じた効果を紹介
タイトルとURLをコピーしました